2009年11月20日

かずやんさんの出産体験談

c0017.jpg予定日を5日過ぎての出産でした。明日、検診日でその時までに陣痛が来てなかったら、入院して出産にかかるという段階でした。が、検診日前日の夕方、ベービーの為に、スタイをせっせとミシンがけしてました。ガタガタとミシンを踏んでたら、ズボンがなんだか生暖かい・・・と思いトイレに。
そしたら、ショーツが濡れてます。あれ?って思い、下着を取替えたらまた、生暖かい・・・もしやこれは。。。破水?と思い慌てて病院に電話しました。状況を説明して、看護婦さんが破水してるので至急病院に来るようにと言われ慌ててタクシーを呼びました。
で、夕方でタクシーがつかまらず、結局病院に着くまでに2時間近くかかってしまいました。(家〜病院は車で20分)破水という出産は頭になかったらかなりパニックになり、涙ばかり出てきました。
主人とは連絡ついたけど、一人で病院に行く不安もありこれから出産の事とかとても不安でした。でも、お腹はちっとも痛くないんです。
c0018.jpg私は、里帰り出産ではなかったので、一人で頑張るって感じでした。立会い出産でもなかったので。
破水すると、看護婦さんが車椅子で待ってました。「私、歩けます」って言っても、破水をしてると車椅子で入院だそうです。入院の手続きをして、「破水の場合は、破水して24時間以内に産めない時は、他の方法も・・・」と言われ「24時間以内に頑張らんなあかん」と気合が入りました。
まずは、夕食を主人と病院で、お昼に作っておいたサンドイッチを食べました。
その後、トイレでスッキリしたので、浣腸はされずに済み「ほっ」としました。
後は、陣痛を待つのみ。「今の間に、寝といて」と言われ、2時間ほど寝ました。
因みに、その夜は待機室には私だけで、個室に入れてもらえてラッキーでした。
リラックスの音楽をかけてくれたり、氷枕・抱き枕を貸してもらいました。

12時: 陣痛らしき痛みが。破水しているのちょっとベットで体を動かしただけで破水するのが分かりました。お腹には心音を測定する機械を巻かれていて動きづらいし・・・トイレには助産師さんもつい来て、破水の量をチェックされます。ちょっと力を入れるだけで、破水してしまうからだそうです。

2時: だんだん、痛みが強くなってきました。でも、まだ10分間隔ではないみたい。子宮口:3〜4cm

3時: 超〜痛い。腰がすごく痛い。お腹よりも腰。声の出ないほど。喉も渇く。力みたいでもまだ駄目。今力むと赤ちゃんが苦しむからと。助産師さんに腰をさすってもらう。子宮口:5〜6cm

4時: この1時間が、本当に苦しい。子宮口の大きさも変わらず。

5時: もう我慢の限界っと思ってても、子宮口:6〜7cm 助産師さん曰く「とても順調」との事。気を紛らわす為に、テニスボールで腰を押してもらうと楽になりました。そして、助産師さんとも色々お話をしました。私は、「とても体が硬いので、ギリギリで分娩台に乗りたい」とか「超、痛みに弱い」とか、とにかく思いつくままに話してました。

6時: トイレにすごく行きたくって、助産師さんに言うと、もう駄目と。便意があるといってもそれは本当に便意じゃないという。え〜頼むからトイレに行かせて〜と思ってました。腰も痛く痛くておかしくなりそうでした。冷や汗も出るくらい。

7時: 助産師さんの内診で、子宮口から赤ちゃんの頭が見えかけてるから分娩台に移動と言われるが、頭が見えてると言われたとたんに、「え?そんなんで移動したら赤ちゃん落ちるやんか〜」って言ったら笑われまいした。分娩台に乗ったら、さっきまでの痛みが和らいだ気がした。「陣痛が来たら、思い切って力んで」といわれ3回位頑張りました。先生が来て、切開する事に。その後、1回力んだらスルっと赤ちゃんが出たのがわかりました。生暖かいものが羊水とともに出たのが、わかりまいした。

8時: 無事に男の子が誕生しました。
血など色々なものがついていると思ってたのに、意外に綺麗な赤ちゃんでした。助産師さんもそう言ってました。後産もすんなり終わり、スタッフからは「とても安産で良かったね」と言われました。私はとてもそうは思えないでしたけどね。その後、1時間分娩台で休憩。お腹も、本当にペッタンコになりました。



posted by BABYPARA at 21:56| 普通分娩