2009年11月20日

acoママさんの出産体験談

c0022.jpg36週目の検診に行った日の話しです。
今まで順調だと思っていたのに先生から突然、「赤ちゃんに異常があるかもしれないからで大きな病院に転院してください」と告げられました。
状況が理解できないまま先生から紹介状をもらい大学病院にいくことになりました。泣きながら自宅に帰りパパに抱きついて「赤ちゃんが、赤ちゃんが...」と泣いていました。少し落ち着いてから状況を説明するとパパが病院の予約を入れてくれました。その夜は不安で不安で眠れず最悪の状況を考えてばかり。でもパパに言われました。「赤ちゃんは二人を選んでくれたんだよ。どんなことがあっても二人で育てれば大丈夫。きっと元気な赤ちゃんが生まれるよ。もっと、お腹の赤ちゃんを信じてあげよう。泣いてたら赤ちゃん悲しむよ」
翌日、大学病院で検査をしてもらうと「1700グラムと小さいけれど今のところ問題はないよ」っていってもらえました。結局、37週と3日で出産することが決まり無事に赤ちゃん誕生!!
予想よりちょっと大きめな2244グラムの女の子です。
2日間は保育器に入ったけど、すぐに母子同室になり11日目に退院しました。
初めての出産で色々あったけど夫婦の絆も深まりました。
そして何より元気に産まれてくれた赤ちゃんを大切に育てていきたいと思っています。



posted by BABYPARA at 22:01| 帝王切開