2009年11月20日

てんさんの出産体験談

予定日2週間前、夕飯を食べに出かけいつにもなくとてもしんどかったんですが暑さで体がだるいのかなぁと思っていました。
そしてやっと家に着き横になって主人とテレビを見ていました。そしてもう寝ようということになり電気を消そうとしたそのとき、何かがジャーッッと勢いよく流れました。
もしかして破水!?って感じになりましたがなぜかとても冷静に病院へ電話しました。オロオロしていたのは主人のほうでした。
そのままの格好で入院準備だけしてすぐに来てくださいと言われ前々から準備はしていたのですぐに出かけることが出来ました。うちから車で約10分の病院なのでその点も安心でした。
車の中でもずっと流れっぱなしで結局病院へ着いてもずっと流れていました。
完全破水で24時間以内には陣痛が来るからね、と言われ感染止めの点滴をして待っていましたが一日経っても二日経っても痛みは来なくてその間看護婦さんたちが陣痛が起きやすくなるアロマをたいてくれたり、フットマッサージをしてくれたりと至れり尽くせりしていただいたのですが全くきません。そして3日後の夜に主人が呼ばれて結局緊急帝王切開となりました。
不思議と初めての手術のわりには怖くなくて喜びの方が大きかったです。そして手術中も看護婦さんや先生たちの何気ない会話が聞こえてきて全く恐怖心はありませんでした。そして15時5分元気な少し小さめの男の子が誕生しました!
手術室の前から主人の「あーあぁぁぁあー」という喜び(?)の声が聞こえてきてお腹を縫われながら先生に「ご主人おもしろい反応やなー」っと言われ看護婦さんたちと笑いえるほどの余裕でした。産まれてから血糖値がなかなかあがらず母子同室だったのでいきなり親子で点滴生活となりました。今は元気一杯で毎日楽しく暮らしています。
大切に大切に育てていこうと思います。
posted by BABYPARA at 22:06| 帝王切開

acoママさんの出産体験談

c0022.jpg36週目の検診に行った日の話しです。
今まで順調だと思っていたのに先生から突然、「赤ちゃんに異常があるかもしれないからで大きな病院に転院してください」と告げられました。
状況が理解できないまま先生から紹介状をもらい大学病院にいくことになりました。泣きながら自宅に帰りパパに抱きついて「赤ちゃんが、赤ちゃんが...」と泣いていました。少し落ち着いてから状況を説明するとパパが病院の予約を入れてくれました。その夜は不安で不安で眠れず最悪の状況を考えてばかり。でもパパに言われました。「赤ちゃんは二人を選んでくれたんだよ。どんなことがあっても二人で育てれば大丈夫。きっと元気な赤ちゃんが生まれるよ。もっと、お腹の赤ちゃんを信じてあげよう。泣いてたら赤ちゃん悲しむよ」
翌日、大学病院で検査をしてもらうと「1700グラムと小さいけれど今のところ問題はないよ」っていってもらえました。結局、37週と3日で出産することが決まり無事に赤ちゃん誕生!!
予想よりちょっと大きめな2244グラムの女の子です。
2日間は保育器に入ったけど、すぐに母子同室になり11日目に退院しました。
初めての出産で色々あったけど夫婦の絆も深まりました。
そして何より元気に産まれてくれた赤ちゃんを大切に育てていきたいと思っています。



posted by BABYPARA at 22:01| 帝王切開